プロフィール

EBI Zanmai

Author:EBI Zanmai
音楽系創作サイト「EBI Zanmai」の
メンバーによる徒然日記です。

カテゴリ
月別アーカイブ

法王庁の避妊法

先日、Web及び宣伝美術でたまにお手伝いさせていただいてる劇団、
ファルスシアターさんの公演を見てきました。


タイトルはズバリ「法王庁の避妊法」!


~公式サイトより一部抜粋~
舞台は、なんと大正時代の産婦人科!!
医師の荻野久作(白土裕也)が、妻のとめ(小鉢盛恵)をはじめ、
様々な人たちと交流する中で、かの有名な『オギノ式』の元となる
「荻野学説」を発見するまでの、悲喜こもごもを描いた作品です。
ぜひ劇場で、彼の「産みの苦しみ」にお立ち会いくださいませ。


【オギノ式】
女性の月経の周期に基づいて妊娠可能な期間を計算・予測する「荻野学説」を流用した避妊法。
現在、ローマカトリック教会において、教義上唯一認められている避妊法でもある。



ということなのですが、演劇界では有名な脚本の様で
とても内容が濃く刺激的な舞台だったと思います。
とはいえ、産婦人科に関する小難しい知識や情報を抜きに楽しめる内容で
ファルスシアターならではのコメディ色も感じる事ができました。


個人的な感想としては「NHKの朝ドラを2時間に凝縮した感じ」です。
女性の排卵日特定という当時としては学会最大の謎に挑む荻野医師と、
それを支える妻のトメと周囲の人間たちの葛藤と苦悩はまさに「産みの苦しみ」
そのものであったと思います。
前述のとおり笑いもあったのですが、泣けるシーンも多く
劇場でも鼻をすする音が各所から聞こえていました。(かくいう私もその一人w)


事の大小はあるかもしれませんが、私もモノヅクリに携わる中で
「産みの苦しみ」は少なからず味わってきていると思っています。
今回の観劇で見たこと、感じたことは間違いなく私の心の栄養になっていくと思います。


音楽を作るために音楽ばかりを追い求めても視野が狭くなる、
もっと色々な事物にアンテナを立てて、触れて、感じていかないとイカンなぁ。
と感じる秋の夜長です。


EBI
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【法王庁の避妊法】

先日、Web及び宣伝美術でたまにお手伝いさせていただいてる劇団、ファルスシアターさんの公演を見てきました。タイトルはズバリ「法王庁の避妊法」!~公式サイトより一部抜粋~舞台は、なんと大正時代の産婦人科!!医師の荻野久作(白土裕也)が、妻のとめ(小鉢盛恵)をはじ?...
EBIなう。
最新コメント
最新トラックバック