プロフィール

EBI Zanmai

Author:EBI Zanmai
音楽系創作サイト「EBI Zanmai」の
メンバーによる徒然日記です。

カテゴリ
月別アーカイブ

【告知】 M3-2013秋・参加企画について。

さて、10月も折り返し地点を迎え、
いよいよM3開催日が近づいてきました。


前回のブログではEBI Zanmaiの新作『Rain』について
告知させていただきましたが、今回は、EBI Zanmaiから楽曲参加させて
いただいている企画をご紹介いたします。


いずれの企画も今度のM3秋に出展予定なので今から要チェックですよー!


●頒布イベントについて
 名称:音楽同人即売イベント「M3-2013秋」
 日時:2013年 10月27日(日) 11:00~15:30
 開催場所:東京流通センター(TRC)第一展示場、第二展示場
 ※ 詳細は公式ページにてご確認ください。
    

●参加企画について
主催:Unknown - Dimension
代表者名:清水 嶺 様
製品名:『G-minor2』

マイナーゲームアレンジコンピ企画『G-minor』が帰ってきた!
企画名のとおり、マイナーゲームの音楽に焦点を当てて
アレンジを加えていこうというこの企画。

知ってる人には懐かしい、知らない人には新しい
・・・そんな素敵な1枚となっております
前回よりさらにボリュームアップして14曲もの楽曲が勢揃いです!


EBI Zanmaiからは、知る人ぞ知る名作フリーゲーム
「cresteaju」から1曲、アレンジを提供させていただきました!

特設ページ(外部サイト)


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

主催:Project ETHNIQA
代表者名:ちきんぐ 様
製品名:『ETHNIQA』

同人音楽界隈では、今やすっかり人気ジャンルの1つとして
定着している「民族風」楽曲。
ETHNIQAは、MIDIデータの打ち込みのみというルールで縛って
民族風楽曲のコンピレーションアルバムを作っちゃおう!
という挑戦的な企画です。

しかも、企画の一環として、各楽曲提供者の作成したMIDIファイルを
特設サイトで配布しております!
あの人のあんなテクニックを見てみたい!という方にとっては
垂涎の企画なのではないでしょうか・・・?
(僕も参考にさせていただきます・・・笑)

EBI Zanmaiからは、DISC 1. Mythologyの8曲目、
「the leisurely walking」という曲を提供させていただきました。
楽しく闊歩するようなイメージの楽曲となっております!

特設ページ(外部サイト)


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


今回は以上となります。

他にも参加している企画もあるのですが
とりあえず今回はここまで。

今後も随時情報公開していきますので
よろしくお願いいたします(・ω・)ノ


EBI

何故かこの話をしても、人には伝わらないことが多い。

「1101(2)」という2進数を10進数になおす場合、僕はこう考える。


2の0乗の位=1の位
2の1乗の位=2の位
2の2乗の位=4の位
2の3乗の位=8の位
  ・
  ・
  ・


8が"1"つ、4が"1"つ、2が"0"つ、1が"1"つ
全部足して13。だから1101(2)は10進数では13になる。



つまるところ、私の頭は
「10進数で日常的にやっていたことを2進数に置き換えて考える」
ことでイメージをわきやすくしているのだと思う。
10進数で考えるとこうだ。
例えば10進数で「8191」は


10の0乗の位=1の位
10の1乗の位=10の位
10の2乗の位=100の位
10の3乗の位=1000の位
  ・
  ・
  ・


1000が"8"つ、100が"1"つ、10が"9"つ、1が"1"つ。
"○の位に数字が×個"
この考え方の基礎は小学校で繰り上がり・繰り下がりを学ぶ際に
覚えるはずだ。
こんなアプローチをしていたので、学校のテストなんかで
基数変換の問題が出ると僕はよく各桁の上に数字を書いていた。


問)次の数字を10進数に変換しなさい。


      16 8 4 2  1
   ①  1 0 1 0 0 (2)


      64  16  4  1
   ②  1  0  3  2 (4)



赤字が僕の書く数字=位の数字となる。
縦同士の数字をで掛け算して、最後にそれらを足し合わせれば
答えが出るわけだ。
予め各基数の位さえ頭に入れておけば基数変換の問題はこれで瞬殺できる。


…10進数を他の基数に変換する場合はもっと楽な方法があるんだけどね。


以上、たまには数字と仲良くなりたい純文系人間のたわごとを書いてみました(笑)
これを読んでる理系の人、笑わないでねっ(/_\)


EBI

海と山の島

もう1週間以上前の話になりますが、江の島に行ってきました。

江の島


ご覧のとおり、あいにくの雨天で湿度MAXな状態でしたが、

続きを読む

M3-2010春に参加しました!

イベント帰りに寄ったコンビニでペットボトルのお茶を買った際、
ついつい、店員さんに「はい、こちら200円になります」と
売り子っぽい台詞を吐きながら200円を手渡してしまいました。
コンビニ店員さん、かなり気味が悪かったことでしょう。ゴメンね。


…という訳で、行ってまいりました同人音楽販売イベントM3!
今回は1ブースあたりのスペースも会場も広かったため、とても助かりました。
その反面、あの広い会場を全部歩いてみて回るのは大変そうだなぁ
とも感じているのですが、当サークルブースまで足を運んでいただいた皆様
本当ににありがとうございました。
そしてそして、本当にお疲れ様でした
(↑恐らく、会場入り口から一番遠いブロックになったので・苦笑)



あ、



ふと、文章を打ちながら思ったのですが
出店者が来場者へ「お疲れ様でした」って声かけられる感じはとても好きです。
一体感があるというか。連帯感があるというか。そんな感じです。
そのあたりご来場いただいた皆様はどうなんでしょう。
まったくそんな感じはないのかなぁ? 「馴れ馴れしい」とか言われたりして(笑)


------------------------------------------------------------


さてさて、新作『ものがたり』ですが今回は4作目にして初の番外編となりました。
CDの聞き方というのは聞く人の自由なものだと思うのですが、
アルバムってその1枚を通して曲の順番、組立て方に意味があることが多いですよね。
今回はそういったものを敢えて無視してやろうという、EBIの個人的な思惑がありました。
「ファンタジー世界を舞台としたBGM小曲集」を表のコンセプトとするなら
その思惑こそが裏コンセプトというやつになります(笑)


1曲1曲をパズルのピース1枚1枚に見立てて、
シャッフルとかランダム再生で聞いて、即興で物語の展開を妄想する…


僕も自分なりにパズルゲームを楽しんでみました。
CDとして制作する以上、アルバムの曲順はどうしても
決めなくてはならなかったのですが、
その曲順は僕の妄想ストーリーが元になっています(笑)


…そんなマニアックな遊び方をしてくれる人が1人でも
いらっしゃるのであれば僕は幸せです(ノ∀`)



です。



が、



勿論、それも聴き方の1つというだけで、聞き方は聞く人の自由です。
どのような聞き方でも、今作が皆様の楽しい時間を過ごすためのきっかけと
なっていたくようなことがあれば、こんなに嬉しいことはありません。



ではでは、テンションに任せて長々と書いてしまいましたが、今回はこの辺りで。
最後に、イベントにご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました!


EBI

2010あけまして・・・

おめで・・・・もう遅いですね。
人様より時間の流れがスロゥリィなEBI家では本日鏡開きが行われましたので
ギリギリアウトといったところでしょうか。



いやいや、スミマセン(汗)
ではあらためまして…




2010年明けましておめでとうございます!
今年もEBI Zanmaiをよろしくお願いいたします!!!




もう今週頭の話になりますが、
お世話になっている音楽教室にて毎年恒例で開催される
音楽フェスティバルに参加してまいりました。
写真は、忙しくてほとんど座ることのなかった
(楽屋近くの)自販機前の椅子から(笑)
楽屋前ベンチにて


なんとなくではありますが、通常のお客さんだと来られない場所にいる!
という、特別感が僕のコドモゴコロをくすぐるのですが
言い換えると、「まったくのおのぼりさん」となる気もするので
心躍ってしまう自分に軽く苦笑いですw



曲目は例年よりグッと減りまして3曲、すべてエレキベースでの演奏でした。


恋のカーニバル / セルジオメンデス
存在 / 尾崎豊
ブラックジャック / ジャンヌダルク


どれも元気のある曲で、演奏者同士ノリノリのパフォーマンスとなりました。
まさか会場にミラーボールが回るとは!(ステージに上がってから知ったのです・笑
…とにもかくにも弾いていてとても楽しかったです♪


全体的に見ても今年は、ギター、サックス、フルート、マリンバに加えて
カンツォーネまで飛び出したというバラエティ豊かな年だったと思います。
あ、ちなみにこの教室、基本的には「ピアノ」と「ドリマトーン」の教室なんですよ(笑
この時期にになると、みんなどこからともなく集まってきて
生徒さんたちといろんなコラボをする、というのが素敵ですね。
そういったみんなが集まれる「場所」を、たった2人の先生
(+先生の旦那さんの3人)で提供・維持している
あの教室は本当にすごいと思います。


さて、上記のとおり、いろんな楽器が使われるのですが
今年導入した「ステージア(エレクトーン)」の音色が迫力ある!!
との感想が、生徒さんから出まくっているのはいいのだろうか^^;
(ごめんなさい、言いたいことが分かる人だけ察してくださいw)


まぁ、僕はライブは楽しく音楽できれば何でもいいと思いますが(´―`)
ではでは、この辺で。


EBI



P.S.
M3-2010春(5/5開催予定)の申込手続きをしました。
EBIなう。
最新コメント
最新トラックバック